口内炎サプリランキング!

 

口内炎が発生する原因と治らない原因は?

 

ふと気が付くと、口の中に出来ていてなかなか治りにくい口内炎。ヒリヒリとした痛みが続き、食事もおいしくなくなり、憂鬱ですよね。原因には何となく心当たりがあっても、普段は気を付けにくいのが口内炎です。そんな口内炎が発生する原因や、なぜ治りにくいのかについてお話しましょう。

 

口内炎には種類があった!

 

実は口内炎には種類があり、原因もそれぞれ異なります。口腔内の粘膜にできたり、舌にできることもあり、痛くてしょうがないということが多いものです。

 

例えば、舌や歯茎にできる口内炎の多くは、カタル性口内炎と呼ばれる種類。口の中が不衛生になっているときに、起こりやすい口内炎です。

 

最も多いタイプの口内炎はアフタ性口内炎で、一度に複数できることも。ウイルスが原因で発生するウイルス性口内炎やヘルペス性口内炎の場合、発熱やリンパ節の腫れなどを伴うこともあります。

 

カンジダ性口内炎は、もともと体内に生息しているカンジダ菌というカビの一種が炎症を引き起こす口内炎です。いずれにしても、考えられる原因は免疫力の低下や栄養不足、ストレスなど、関連性のある問題ばかり。どの口内炎も痛みを伴い、さらにストレスを誘うため、早めに原因を解消して治しましょう。

 

ビタミン不足やストレス

 

口内炎ができた後、生活を振り返ってみると、栄養が偏るような食生活をしていたり、ストレスがたまっていたというようなことに思い当たった経験がありませんか?皮膚の粘膜を正常に保つために必要なビタミンの中でも、特にビタミンB群が不足すると口内炎が発生しやすいといいます。

 

ビタミンB群は水溶性のビタミンですから、体内で利用されないと数時間中に排泄されてしまうのが難点。こまめに補給することが大切で、サプリメントを利用すると便利です。ストレスを感じやすい人は、なるべく意識を辛いほうに持っていかず、楽しいことを考えたりしたりすることでストレスを解消しましょう。よく寝たり、お風呂に入ってリラックスしたりするのも効果的です。

 

口内炎を治すサプリ成分

 

口内炎が出来たときには、どんな対策をしていますか?毎日痛みが続いて、1週間ほどは引いてくれないことが多い口内炎だけに、早めに対策したいと誰もが思うでしょう。ただし、普段の食事の栄養に気をつけたりする程度では、即効性がないのがネック。

 

そこで、便利なサプリメントを利用するのもおすすめです。ここでは、口内炎になったときに注目したいサプリメントの成分について紹介します。

 

殺菌作用が高いマヌカハニー

 

何を食べても炎症部分に当たって痛い口内炎のとき、はちみつが効果を発揮してくれるといいます。はちみつはまろやかな質感で、なおかつ栄養素が何十種類含まれていることから、栄養不足で発生することが多い口内炎に良いと考えられているのでしょう。

 

はちみつには殺菌作用もあり、健康効果が高い食品。中でも、マヌカという植物から集められるマヌカハニーは、体内でも殺菌作用が持続し、粘膜の傷に良いといわれてきました。実際、使った人からも驚くほどの良い結果が出たという口コミが多いマヌカハニーですから、試してみる価値はあるでしょう。

 

万能な力を持つプロポリス

 

プロポリスもミツバチ関連の成分で、ミツバチが自分達の巣を守るために作り出している防御物質です。免疫力が低下しているときなどに体を守ってくれる作用が期待され、サプリメントの他にもキャンディーなどの健康食品としても市販されています。一説には万能薬とまで珍重されているプロポリスは、口内炎の消炎のために使っている人もいます。

 

皮膚や粘膜の健康に欠かせないビタミンB2

 

数あるビタミン類の中でも、口内炎に関わっているとされるのがビタミンB2です。ビタミンB2は皮膚や粘膜の健康を司っているため、不足すると口内炎を起こしやすくなるのです。ビタミンB2は飲酒やストレスによっても消費されてしまうため、意識して摂取しておかないと口内炎を発生する可能性が高まります。

 

サプリ以外の口内炎の治し方

 

口内炎の原因は、一つだけとは限りません。原因を追究して解消しなければ、口内炎を治すのは困難でしょう。栄養不足のときには不足している栄養の摂取が口内炎のケアになるかもしれませんが、他の原因のときには効果が出ないこともあります。

 

サプリメント以外で、口内炎を治す方法はあるのでしょうか。ここでは、口内炎を治したいときに良いといわれている方法について紹介しましょう。

 

うがいで殺菌

 

口内炎の中には、口の中が不衛生だったり、ウイルスなどの感染によって炎症が発生する種類があります。そんなときには、殺菌性の高い方法で口内炎のケアをするのが有効です。例えば、うがいは気軽にできる口内炎のケア方法。うがい薬や塩水を使ってうがいすることでも、炎症が落ち着いてくることがあります。

 

塩を塗る

 

塩水でのうがいつながりで紹介すると、塩を口内炎に塗るという方法で効き目があったという人もいます。ただ、さすがに炎症が起きている部分に塩を塗りつけるのは想像しただけで刺激が強そうです。

 

実際、悪い細菌を減らすと同時に、健康な細胞を傷付けてしまう恐れがあるとも言われていますから、加減には要注意です。そのため、うがいでも直接炎症部分に塗るにしても、すぐに水で洗い流して塩を口の中に残しておかないほうがよさそうです。

 

市販薬を利用する

 

口内炎には、塗り薬や貼り薬など、様々なタイプの市販薬もあります。即効性に期待できるため、今すぐ治したいというときには市販薬に頼るのもいいでしょう。

 

ただ、口内炎の薬にも、成分にはいろいろあります。炎症を抑える目的、痛みを抑える目的など、しっかりした薬剤師がいる薬局で相談してみることをおすすめします。

 

口内炎を放置すると危険?口腔癌のリスクが高くなるの?

 

口内炎ができる場所は様々で、ときには舌の裏に発生することもあります。通常は1〜2週間程度で自然治癒する口内炎がなかなか治らないときなど、痛みと共に口内炎とは別の病気なのではないかと疑えてくることもあるでしょう。ここでは、口内炎と口腔癌との関係についてお話します。

 

口内炎を放置していませんか?

 

通常、口内炎は放っておいても1週間か長くても2週間程度で自然に治癒します。しかし、痛みを我慢するのはストレスになるもの。食べたり飲んだりするたびに痛みを感じて、思うように飲食ができず栄養もとれないというのも困ってしまいます。

 

そこで、何とか早く口内炎を治そうと、ビタミンBのサプリメントをとったり、市販薬を使ったりする人も増えています。もしもこれらの対策で効果がなかった場合でも、何もしないよりは良いのです。

 

というのも、口内炎を放置しておくと、実はその症状が口内炎ではなく別の病気だということにも気付きにくいため。対策しているのに治らない口内炎は、他の病気の可能性もあります。

 

口腔癌の可能性

 

口内炎を放置していると口腔癌のリスクが高まるという考え方は、当たらずとも遠からずというところでしょうか。口内炎が口腔癌に発展するという意味に解釈するのではなく、口腔癌の症状と口内炎の症状を間違わないように気をつけておくことが大切です。

 

舌癌や口腔癌の初期症状には、口の中の粘膜の一部が白くなったり、腫瘍が口内炎のように見えたりすることがあります。そのため、口内炎かと思い込んで、放置してしまう人が多いのです。

 

口内炎なら、ほとんどの場合は2週間もすればいつの間にか消えているはず。それが治る兆候がないということは、癌とまでいかなくとも口内炎とは別の病気の可能性があります。手遅れにならないうちに、口内炎対策をしてみて治るか治らないかを確認することをおすすめします。